現在位置: ホーム / サポート情報 / Mac OSX ドライバー関連情報

Mac OSX 用スキャナードライバー、ソフトウェア導入手順

OS X上ででコダックスキャナーを使用するためのスキャナー用ドライバー、ソフトウェアの導入方法をご紹介します。ここでは、i2000シリーズスキャナーを例に手順をご説明します。

OSXでご利用可能なスキャンアプリケーションについて

ScanMate i940, ScanMate i1150, i1190EをMac OSでご利用になる場合、現在ご利用可能なスキャン用アプリケーションはコダックアラリスが提供する「Presto! PageManager」「Presto! Scan Buttons」および「Presto! BizCard」のみになります。
重要:Mac OS X 10.12 - masOS Sierraへの対応について

2016年9月末リリースされた「macOS 10.12 - Sierra」への対応は検証中で動作確認はできておりません。masOS Sierraへのアップグレード後の動作については保証いたしかねますことご了承ください。

重要:Mac OS X 10.11 - El Capitanの対応について


2015年9月末リリースされた「Mac OS X 10.11 - El Capitan」へOSをアップデートされるとスキャナーが動作しない、新OS搭載のMacに対して新たにスキャナードライバーをインストールができない、といった事象が確認されています。
これを回避するための参考情報「 OSX 10.11 El Capitan でコダック アラリスのスキャナーを使用できるようにするには」を掲載いたしまた。

OS X対応のスキャナードライバーが提供されているコダックのスキャナー

OS X対応のスキャナードライバーは以下の製品で提供されています。下記リンクからダウンロードください。対応OSのバージョンについては、リンク先をご確認ください。

OSX用ドライバーのダウンロード

OSX用ドライバーはコダック アラリス社のサイトからダウンロードできます。ダウンロードページはこちらになりますページの下部にお使いのスキャナーのシリアル番号を入力する欄があります。シリアル番号は本体背面や本体底面に記載されていますので、確認の上、そのシリアル番号、メールアドレス、会社名を入力して、「確認」ボタンをクリックします。

OSX ドライバ・シリアル番号 new

ダウンロードページが表示されたら、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。


OSX用ドライバーのインストール

ダウンロードが完了すると左のようなimgファイルとなっています。これをダブルクリックすると、右のインストーラのアイコンが表示されます。

OSX ドライバ・IMGOSX ドライバ・インストーラ

【ご注意】ご利用のOSXのセキュリティ設定が「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」となっている場合、このインストーラをダブルクリックで起動しても次のようなアラートが表示されインストールすることができません。

セキュリティチェック

その場合は、インストーラーのアイコンでControl キーを押し、アプリケーションのアイコンをクリックして、ショートカットメニューから「開く」を選択します(コンテキストメニューで操作します)。

OSX ドライバ・セキュリティ回避

確認のダイアログボックスが表示されるので「開く」をクリックします。

OSX ドライバ・インストーラを開く

インストーラーが起動できたら「続ける」をクリックします。

OSX ドライバ・インストーラ起動

OSX ドライバ・インストーラ-1

使用許諾をお読みの上、「同意する」をクリックください。

OSX ドライバ・インストーラ-2

「標準インストール」のまま「インストール」をクリックします。

OSX ドライバ・インストーラ-3

インストールのために、OSXの管理者権限のパスワードを入力し「ソフトウェアをインストール」を選びます。

OSX ドライバ・インストーラ-4

インストールが実行されます。

OSX ドライバ・インストーラ-5

インストールが完了すると次の画面が表示されます。

OSX ドライバ・インストーラ-7

「アプリケーション」「Presto! PageManager 9.26」以下に次のアプリケーションがインストールされています。

OSX ドライバ・アプリケーション

初回の設定

スキャンを行う前に取り込みデバイスの設定を行います。USBケーブルでMac本体とスキャナーを接続し、スキャナーの電源を入れます。

Presto! Scan Buttonsの場合

メニューの先頭にある「取り込みデバイス(TWAIN)を選択」を選びます。

OSX Presto! Scan Buttons設定

PageManagerの場合

「ファイル」メニューから「取り込みデバイス(TWAIN)を選択」を選びます。

OSX Presto! PageManager設定

いずれの場合も、TWAINドライバーのリストが表示されるので、「Kodak Scanner i2000」を選んで「選択」をクリックします。

OSX TWAIN選択

スキャンの実行

スキャンを行うには、原稿をスキャナーに挿したら、まずスキャンするアプリケーションを使用します。例えば「Presto! Scan Buttons」であれば、メニューから「PDFへスキャン」を選択すると、スキャンが開始されデータは「書類」「My PageManager」フォルダ内に保存されます。

OSX スキャン

【ご注意】スキャンが開始されるまで、スキャナー本体のランプは待機状態を示す「赤色」で点灯します。スキャンが開始されてると「緑色」と変わります。スキャン動作時以外は待機状態となり省電力モードとなっています。