現在位置: ホーム / サポート / Kodak i4x50 シリーズスキャナー用 v1.2ドライバでの⽇本語TWAINショートカット名設定時の不具合について

Kodak i4x50 シリーズスキャナー用 v1.2ドライバでの⽇本語TWAINショートカット名設定時の不具合について

Kodak i4x50シリーズスキャナー用のv1.2のTWAINドライバにおいて、TWAINのショートカット名を⽇本語で保存しようとすると保存に失敗しシステムハングアップが発生します。 また、既存のバージョンで作成した⽇本語名のショートカットを選択して「設定」や「削除」 の操作を行うと同様の症状が発生し操作不能となります。ショートカット名が半角英数字のみの場合この症状は発生いたしません。

⽇本語TWAINショートカット名設定時の不具合

 

対応方法

Windows8以前のOSの場合

  • 日本語TWAINのショートカット名が存在する場合、V1.2にアップデートせずにV1.1のまま継続してご使用ください。
  • V1.2にアップデートされた場合は、v1.2をアンインストールしてV1.1の再インストールを行ってください。

Windows10以降のOSの場合

  • V1.2を使用する必要がありますが、TWAINのショートカット名を必ず半角英数字とすることでこの問題を回避してください。

V1.2にアップデートする必要がある場合

スキャナーの使用上、V1.2にアップデートする必要があるときは、以下のモジュールをダウンロードして所定のファイルを置き換えてください。

driverui_v6-2.zip をダウンロード

ZIPファイルを解凍すると「cs」、「cs4」それぞれのフォルダ内にTwaingui.exeがあります。

  • 「cs」- Windows7以下対応
  • 「cs4」- Windows8/10以上対応


1)コピー作業前に既存のファイルをバックアップ

2)全てのアプリケーション(SVT、SmartTouch、CapturePro) を終了

3)スキャナーとPCを接続しているUSBケーブルも取り外し

4)「cs」または「cs4」フォルダ内のTwaingui.exeをコピー

Windowsの32bit版、64bit版でコピー先のディレクトリが異なる点に注意ください。

32bit版:C:\Windows\System32\Kodak\kds̲i4x50\lib

64bit版:C:\Windows\SysWOW64\Kodak\kds̲i4x50\lib

5)コピーが完了したらスキャナーをUSBケーブルで接続し、アプリケーションを起動

※TWAINのGUIが開くまで時間を要することがありますのでお持ちください。