現在位置: ホーム / ソリューション事例 / e文書法対応とRPAソリューション

e文書法対応とRPAソリューション

e文書対応ソリューション

 

e文書法対応ソリューション「Prexifort-OCR® e文書Plus」

電帳法の要件に準拠!国税関係書類(紙)の削減をお手伝いします。

処理プロセス

  • 書類に含まれる文字を文書検索キーとして抽出しキーワードとして設定
  • 国税関係書類を電子化し、文書登録から破棄まで、文書管理業務の大部分を自動化します。
  • 紙の保管コスト削減に加え、紙媒体の紛失リスクにも備えられます。

Prexifort-ocr

 

国産RPAソリューション「WinActor」

繰り返しの入力作業を簡単に自動化し、作業時間短縮・入力ミス軽減を実現します。あらゆるアプリケーション操作を自動化。既存システムのカスタマイズも不要、プログラミング知識も不要、サーバなどの特別なハードウエアも不要、で簡単に導入できます。

WinActor

  • RPA(Robotic Process Automation)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みと定義されています。
  • Prexifort-OCR®e文書PlusならびにWinActorは株式会社NTTデータが提供するソリューションです。
  • Prexifort-OCR®は、株式会社 NTT データの日本における登録商標です。その他の製品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です