現在位置: ホーム / スキャナー製品 / i1190E Scanner

KODAK i1190E:高度なイメージング処理を本体で高速実行

KODAK i1190E スキャナー

KODAK i1190E はカラーでも白黒でも毎分40枚(80面)の同価格帯トップクラスのスキャン性能に加え、Perfect Pageイメージ処理をスキャナ本体内のプロセッサで実行するため、スキャン作業の体感速度も大幅に向上し、シンクライアントなど処理能力の低いクライアント環境でも高速スキャン処理を実現します。

カスタムアイコンで分かりやすくなった新しいスマートタッチ、バーコード認識機能を搭載

i11x0 スマートタッチPCを操作しなくてもプリセットしたスキャンプロファイルをスキャナー本体から選択できる「スマートタッチ」機能では、番号だけでなくカラーアイコンや画像をスキャンプロファイルと関連づけて表示でき、操作性を向上します。
またバーコード認識機能により、バーコードに記載の情報を元にファイル名を付けたり、スキャンしたドキュメントの分類も可能となります。また、スキャンしたファイルをOCR処理を行い、PDFAドキュメント(Microsoft WordやExcel、プログラムで使用する場合は .docxや.xlsx)として保存することができます。

原稿つまりを防止し、原稿の破損を防止

スキャン時にインテリジェント ドキュメント プロテクションを動作させると、ホッチキスなどで止められた原稿の重送を自動検知してスキャナーが停止します。原稿がシワになったり、破れて破損することを防ぎます。

Perfect Page イメージ処理をスキャナ本体で実行

Peferct PagePerfect Page」技術により、データ抽出時の画像品質を最適化するだけでなく、高度なイメージ処理を実現。機能の強化により効率的なスキャン作業を実現します。i1190Eでは、スキャナー本体内のプロセッサで実行するためPCの処理能力に依存しません。

 

Kodak Capture Pro Software 無償版を標準添付

スキャン業務を飛躍的に効率化することができるKodak Capture Pro Software 無償版が添付されており、以下の機能をご利用になれます。

  • 一枚のドキュメントスキャンでも一連のスキャン処理の流れを登録したバッチスキャンでも実行可能
  • バーコード識別、白紙ページ、またはページ数によるドキュメントの自動仕分け
  • バーコード識別、ドラッグアンドドロップ、OCRまたは手動でのインデックスフィールドの作成と出力ファイル名指定
  • スキャンイメージの向上、ドキュメントの回転、枠消し、再スキャン、ページの挿入および分割が可能
  • TIFF、マルチページTIFF、JPEG、マルチページPDF、sPDF、PDF/A、またはRTF形式に対応し、ファイル保存、メール添付、印刷、SharePoint連動に対応
  • フルバージョンのKodak Capture Pro Software製品版へ簡単にアップグレード可能

WEBブラウザベースでクラウド対応

KODAK i1190EはEMC CAPTIVAクラウドツールキットのフルライセンス許可されたデバイスであるため、ソフトウェア開発キット(SDK)を使用して容易に費用対効果の高いブラウザベースのキャプチャアプリケーションを独自に開発し、利用できるようになります。

KODAK Info Input Solutionに対応

KODAK Info Input Solutionはブラウザベースのキャプチャアプリケーションなので、簡単に導入して使用できます。安全でスケーラブルな集中管理を行い、展開とサポートが簡単なうえ、お使いのキャプチャソリューションに関連するコストも削減します。基幹業務システムへのインテグレーションも可能です。

各種ドライバ ダウンロード

Windows/Linux用スキャナードライバーはこちら

充実したサービス&サポート

ご使用の機器やソフトウェアを最適な状態で使用していただくために、サービス&サポートでは様々なメニューをご用意しています。当社にはお客様のビジネス効果と価値を最大限に引き出すさまざまなサービスがあります。

 

i1190Eはコンパクト設計

製品のお問い合わせご購入のお問い合わせ製品デモのお問い合わせ