現在位置: ホーム / スキャナー活用ガイド / Capture Pro Software / 作業効率をアップし時間短縮をもたらす使いやすい操作画面

作業効率をアップし時間短縮をもたらす使いやすい操作画面

イメージ結合

ドキュメントの表面と裏面をセットにして一つのデータとして扱いたい場合は、イメージ結合を設定することで、縦方向、横方向いずれの原稿であっても両面をセットにしたデータとすることができます。

イメージ結合
イメージ結合

 

ページの挿入

スキャン作業を終えたあとで、原稿の漏れや落丁があったことがわかった場合でも、全体を再スキャンする必要はありません。ページの挿入機能で指定したページの前にスキャンしたページを挿入することができます。

ページの挿入
ページの挿入

 

OMR

OMR(光学式記号識別)機能により、ドキュメント上の特定の場所のチェックマークなどを識別し、そのチェックマークをインデックスとして取り込むことで、データを分類したり、ファイルに出力したりすることができます。

OMR
OMR
OMR

 

生産性を高めるユーザー インタフェース

シンプルに操作が可能なデザイン。ユーザーの業務に合わせて画面レイアウトを変更できます。

 

スキャナーの仕様変更も簡単に

インプリンタで出力する数字の桁数や文字の種類の設定、用紙の厚さ、バッチ、バーコードの設定など、これまでエンジニアに要請していたスキャナーの仕様変更を、作業を止めることなく、Capture Pro Softwareの操作で簡単に行えます。