現在位置: ホーム / スキャナー活用ガイド / Kodak Capture Pro Software / バック グランドでのバッチ出力処理で、作業時間の短縮

バック グランドでのバッチ出力処理で、作業時間の短縮

Kodak Capture Pro Software(キャプチャ プロ ソフトウェア)は、イメージの自動出力処理、バック グランドでのイメージ回転や分割、スムージングなどの追加のイメージ処理や出力を、次のバッチ スキャンを実行しながら同時に処理します。

 

作業ミスの低減や業務の簡素化を実現する使いやすいビューア&メニュー

バッチ エクスプローラでは、スキャンしたイメージ ファイルを俯瞰的に確認が可能です。必要なイメージにアクセスしやすいので、スキャン後のイメージ確認/編集作業が簡単にでき、作業効率が向上します。また、業務ごとにメニュー表示を変更したり、スキャン業務をショートカットリスト化できるので、作業ミスの低減やオペレーター講習の手間を軽減します。

CPSビューア

任意のファイル名を付与しながらの連続スキャンでスキャン後のイメージ仕分けを自動化

任意のファイル名でスキャンしたい場合、書類を事前に仕分けしてファイル単位でスキャン作業を行い、その後でファイル名を手入力する必要があります。コダックのスキャナーなら分別したい書類の区切り位置にファイル名がバーコードプリントされたバッチシートをあらかじめ挿入しておくことで、スキャン時にそのバーコードを認識してCapture Pro Softwareが自動的にスキャンデータをそのファイル名で保存します。多数の書類セットを一度にまとめてスキャンしても、ノンストップでスキャンデータを分類でき、作業時間を大幅に短縮できます。

従来方式
書類の内容別にスキャンしてPDFやマルチページTIFFに保存

従来方式仕分け

パッチシートで自動的に分類し、書類ごとにPDFやマルチページTIFFを作成したりディレクトリ構造で保存したりできます。

仕分け自動化

 

業務スピードを向上するフラットベッド スキャナー 連続スキャン機能

コダックのフラットベッド スキャナー(オプション)を接続すると、スキャンごとにスタートボタンを押さなくても、一定間隔で自動的にスキャンするフラットベッド連続スキャン機能を搭載。業務の効率化が可能です。