現在位置: ホーム / スキャナー活用ガイド / Kodak Capture Pro Software

スキャン作業を効率化するKodak Capture Pro Software

キャプチャ プロとは

Kodak Capture Pro Software(キャプチャ プロ ソフトウェア)は、スキャン業務の生産性を飛躍的に高めることができるスキャナー用ソフトウェアです。

  • スキャン処理と同時に原稿上のQRコードやバーコードを識別して自動的にスキャンデータをグループ化する
  • 自社のスキャン業務に合わせてスキャンのバッチの処理を実行する
  • スキャン処理とスキャンしたデータをインデックス化していく作業を分散化する


といったように、大量のスキャンニーズがある現場の問題を解決します。

生産性を高める新ユーザインタフェース

Windowsインターフェースに合わせた、シンプルに操作ができるデザイン。ユーザの業務に合わせて画面レイアウトを変更することもできます。

作業ミスの低減や業務の簡素化を実現する使いやすいビューア&メニュー

バッチエクスプローラを活用すれば、スキャンしたイメージファイルを俯瞰的に確認することができます。必要なイメージに直感的にアクセスでき、スキャン後のイメージ確認・編集作業効率が向上します。また、メニューの簡素化や表示レイアウトを業務に応じて変更でき、異なる業務をショートカットリストにすることも可能です。こうした機能により作業ミスの低減やオペレータ講習の手間の軽減が実現します。

バックグランドでのバッチ出力処理で作業時間を短縮

イメージの自動出力処理、イメージ回転や分割、スムージングなどの追加のイメージ処理や出力を、バックグランドで実行し、すぐに次のバッチスキャンを行うことができます。

インデックス作成の負担を軽減する多彩な機能

スキャンしながら書類上のバーコードを読み取り、その値をインデックスに登録できるほか、イメージファイル名としても利用できます。また、インデックス専用の画面(インデックスモード)でイメージ上の文字部分をドラッグ&ドロップすることでインデックスを入力することも可能。OCRやバーコード読取り時の文字変換や不要な文字の削除も自動で実行できます。さらに、リスト選択式のデータ入力など、インデックス修正/入力作業といった機能を用意しています。

より使いやすくなったイメージ編集機能

白紙イメージの削除、イメージの分割/結合など既存機能の性能が向上。書類の文字量などを元に白紙イメージを削除する機能やカラーイメージの分割、表裏のイメージの結合処理などが可能です。

業務のスピードを向上させるフラットベッドスキャナーの連続スキャン機能

コダックのフラットベッドスキャナー(オプション)を接続すると、スキャンごとにスタートボタンを押さなくても、一定間隔で自動的にスキャンが開始されるフラットベッド連続スキャン機能を搭載。業務の効率化が可能です。

作業の信頼性を高めるユーザ管理機能

使用時にIDとパスワードを入力することで、セキュリティを確保することができます。また、ログオンするユーザの権限を調整して、業務に使用しない機能へのアクセスや選択できる業務を制限することで、作業ミスを最小限に抑えることができます。

キャプチャ プロ使用イメージ