現在位置: ホーム / 導入事例 / KODAK ScanMate i940Mで手書きメモをスキャンして共有、複合機のストレスからも解放

KODAK ScanMate i940Mで手書きメモをスキャンして共有、複合機のストレスからも解放

ScanMate i940Mで手書きメモをスキャンして共有、複合機のストレスからも解放された

寺田学氏プロフィール私は会社ではiMac、外出時はMacbookAirを持ち歩いていますが、Macの場合、周辺機器の接続が課題となることが多くありました。以前からオフィスではネットワーク対応のコピー&スキャンの複合機を使っており、ドライバーのインストールが手間だったり、スキャンの度に複合機のところまでいって原稿をセットしてから、席に戻ってスキャンするというのもストレスの原因になっていました。

第一印象はコンパクトさにびっくり

届いたKodak ScanMate i940Mのパッケージを開けての第一印象は、スキャナー本体が非常にコンパクトなことに驚きました。これならデスクに置いても邪魔になりません。またセッティングもドライバーソフトのインストールも簡単で問題ありませんでした。通常Macだと苦労することが多いから嬉しいですね。

以前から使用しているネットワーク対応の複合機よりもスキャン速度が断然早く、両面一度にスキャンできて便利です。なんといってもデスクサイドにおいて、スキャンしたいときに気軽に使えるメリットは大きいです。

第一印象はコンパクトさにびっくり

手書きメモをスキャンしてMacとiPadで共有

私はメモは手書き派で、打ち合わせにMacbookAirを持っていっても会議のメモは手書きでしています。あとちょっとしたアイデアや開発フローなどもメモを取り出してすぐに書けますし、やはり手書きが一番楽です。このノートはページごとに切り離せるので、会議からオフィスに戻ったら、すぐにKodak ScanMate i940Mにセットしてスキャンします。

Presto! Scan Buttonsの設定でPDFファイルにして、クラウドストレージサービスDorpboxに保存して共有します。こうすることで外出時にはiPad Miniでも見ることができようになり、これまでの多くのメモを効率的に管理・閲覧できるようになりました。

手書きメモをスキャンしてMacとiPadで共有

OSSコミュニティイベントの会計処理をネットで共有

私が代表を勤めるCMSコミュニケーションズ社は、オープンソースのコンテンツマネジメントソフトウェア(CMS)「Plone」や世界的に人気の高い開発言語PythonによるWEBアプリケーションの開発を主に行っています。また、それと同時に個人的にはPloneやPythonのコミュニティの運営にも携わっています。

そうしたコミュニティイベントの会計処理は運営チームの会計担当者に依頼する必要があります。このようなとき、Kodak ScanMate i940Mを利用して、届いた請求書類などをすぐにスキャンしてメールで担当者に送付し、原本も手元に残せるため会計処理もスムーズに行うことができるようになりました。

OSSコミュニティイベントの会計処理をネットで共有

名刺の管理にもトライ

Kodak ScanMate i940Mに付属の名刺管理ソフト「Presto! BizCard Xpress」にもトライしてみました。100枚位スキャンしてみましたが、最低限の機能をカバーしていてOCR認識の精度も悪くはないのですが、名刺のレイアウトに認識率が左右されてしまうのはしょうがないところでしょうか。Macの「連絡先」アプリとも連動して、検索などで使えていますが、もう少し使いやすいソフトになるといいですね。

名刺に管理にもトライ

展示会で集めたパンフレットをスキャンして社内で共有

展示会などで大量のパフレットを受け取ってきます。結局は袋に入れたままで後から見ないままになってしまい、部屋の隅でゴミとなることも多いです。そのようなパンフレットをスキャンしてしまえば元の資料は捨てられますし、保管スペースの節約にもなります。社内での共有も簡単ですので、一石二鳥です。

展示会で集めたパンフレットをスキャンして社内で共有

今後はCMS「Plone」を使った社内共有システムと統合へ

今後取り組みたいことは、スキャンしたデータを社内での共有するための仕組みをオープンソースCMS「Plone」で開発したり、スキャンしたデータを直接「Plone」に保存するような機能を開発する取り組みです。また、当社の契約書や発注書など業務系の書類管理にも利用して、業務の改善も図りたいですね。

 

会社概要
会社名 株式会社CMSコミュニケーションズ
URL http://www.cmscom.jp
業務内容 オープンソースCMS「Plone」によるWEBシステム開発
Pythonによるシステム企画・開発
所在地 東京都台東区東上野1-11-1 GOSHO春日通り9