現在位置: ホーム / 導入事例 / スキャンは複合機でなく、やっぱりスキャナー専用機で!

スキャンは複合機でなく、やっぱりスキャナー専用機で!

ストレスの多い複合機オフィス内のこんな場面で、ストレスを感じたことはありませんか?

急いでスキャンしたい原稿があるのに、複合機の紙詰まりやトナー切れ、インク切れ、コピーエラー、故障中などの張り紙。

スキャナー専用機の活用法は様々、上手に活用することで、オフィス業務の効率が大幅にUPします。

スキャナー専用機を導入すると、他の処理に邪魔されない

操作イメージ書類をスキャンしたいだけなのに、複合機では、大量コピーや、大量印刷などで、順番を待つことはありませんか。また、紙詰まりしているのに、前の作業者が放置してエラー状態がそのまま。業務が先に進めず、イライラすることはありませんか? スキャナー専用機を導入すれば、滞ることなくスピーディーにスキャン作業を進めることができます。また、複合機と違い構造もシンプル。もし原稿が詰まっても、簡単に取り除いて作業を続けられます。

 

書類、厚い本、長尺原稿も楽々スキャン

フラットベッドを搭載例えば Kodak i2900スキャナーはマルチタイプA4サイズの原稿なら、1分間に60枚を処理(両面120面)。辞書などの厚い本でも、標準搭載のフラットベッドスキャナーで本を開いてスキャンができます。コンディションの悪い原稿もスキャン。薄い紙やシワのついた紙、端が切れているようなダメージの大きい紙でも、優れた搬送性で紙詰まり無くスキャンできます。まとめて切り落とした際の、カッターの切り落としに邪魔される心配も不要です。

市販のクリアファイルで挟んでも、長い長尺の原稿でも、あらゆる紙をスキャンします。また、複合機でスキャンした際に現れる特有の余白スペースはありません。サイズに合わせて自動的にデータ化されるため、名刺などをスキャンしても、気になる余白ができません。

また各スキャナーのモデルにオプションとして、A3対応、リーガルサイズ対応のしたフラットベッドユニットもご利用いただけ、スキャン対象の幅が広がります。

フラットベッド機種画像

 

紙詰まりでの原稿の破損を防ぎます

ドキュメントを保護誤って、ホチキス止めやノリ付けしている書類をスキャンしても、インテリジェントドキュメントプロテクション機能が、原稿送りの異常を検出し、原稿の破れや破損を防ぎます。大切な原稿の情報を保護します。(インテリジェントドキュメントプロテクション機能はi2900、i3000シリーズのみ)

 

スマートタッチ機能で安全・簡単操作

スマートタッチスキャナーについているボタンにスキャン操作を9つまでプリセットすることができる「スマートタッチ」機能より、PDF生成、書類のモノクロスキャン、写真用のカラースキャン、保存先フォルダの指定など、様々な設定を行えます。PC側のアプリケーションを操作することなく、スキャナー本体のボタン1つで切り替えができ、誰でも簡単に操作可能です。予めボタンにスキャン処理の流れを設定できることで、誤った操作を防ぎ、情報漏洩などの事故を防ぎます。

 

 

クラウド連携など、活用はさまざま

クラウドで共有スキャンしたデータは、Evernote、Googleドライブなどにアップロードして、外出先でスマートフォンやタブレットから閲覧したり、スタッフと共有したりと活用の範囲が広がります。

 

お客様から信頼される当社のスキャナーテクノロジー

i3200当社のスキャナーは、お客様から「搬送性」「画像品質」に優れていると高い評価をいただいています。ずっとスキャン時の原稿の紙詰まりに困っていたお客様の問題を最後に解消できた。そのようなご意見をいただきます。

上位製品が備える高品質のスキャン機能の思想をすべてのラインアップで受け継ぎ、搬送性の良さ、安定した処理速度を実現し、お客様から高い信頼を得ています。

長い時間をかけて開発してきたパーフェクトページ技術により、高画質で文字通り完全なドキュメントを提供することをお約束いたします。